トップへ » 治療について » 症例集 » 小児矯正症例

小児矯正症例

永久歯の歯並びが完成するまでに、虫歯をはじめ、外傷、悪い癖(指しゃぶり、爪噛み等)など様々な要因で歯並びと噛み合わせを乱すお子様が多く、小児矯正の需要は少なくありません。

小児矯正の主な目的は旺盛な成長発育を利用、またはコントロールし、正常な顎の成長と歯の生え変わりを誘導することです。小児から始める事で、将来の矯正のための抜歯を回避したり、成人矯正自体を回避することも可能です。装置は自身で取り外し可能な可撤式と、医院で取り外す固定式があります。

可撤式装置1
症例
症例次へ症例

可撤式装置2
症例
症例次へ症例

固定式装置
症例
症例次へ症例


トップへ » 治療について » 症例集 » 小児矯正症例


PAGE TOP