2014年1月30日 « トップへ » 2017年9月20日

2014年2月 3日

アーム型X線CT診断装置 AZ3000CT 朝日レントゲン

歯科用CTCTの3次元画像で骨の幅・密度・神経や上顎洞までの距離を分析します。

正確なインプラント診断のために非常に重要です。

オールセラミックCAD/CAM装置 CEREC 3D sirona

セレックセレック3Dとは、歯の治療法のひとつとして白いセラミックで治す方法です。
この方法は高精度3Dコンピューターで[詰め物もしくは被せ物]などを設計し、セラミックをコンピューター制御のミーリングマシーンで加工作製する新しい治療システムです。

「気になる銀歯を綺麗に白く治したい」
「銀歯は入れたくはない」
こうした患者さまの気持ちに応える治療法がセレック3Dです。

●特徴
(1) エナメル質と同等の硬さのセラミック材を使用しているため、専用の接着剤を使用すれば歯と一体化し、従来の治療法と比較して脱離の可能性が低くなっています。
(2) オールセラミックスなので金属アレルギーの心配がありません。
(3) セラミックの表面に汚れや細菌が付着しにくいので虫歯になりにくくなります。
(4) 先進のコンピューターシステムによって、従来の手作業に比べ大幅に時間短縮を実現しています。

セレック

診療スケジュール ~初めて来られた方への診療について~

初診コーディネーターがご要望を伺わせていただきます 次へ
当日痛みがない方
問診
口腔内診査
X線検査
歯ぐきの検査
当日痛みがある方
問診
口腔内診査
X線検査
次へ
応急処置
次へ 次へ
お口の中の説明
CCDカメラと一眼レフカメラでお口の中を撮影しての確認。
位相差顕微鏡による歯垢[プラーク]を見ていただき、何か悪さをしているか理解していただきます。 次へ
虫歯の本数、根の治療が必要な歯の本数、歯周病の状態とその治療方法についての説明。
それらの治療期間についての説明。 次へ
お口の中の磨き残しの診査と歯磨きの練習 次へ
歯磨きでは取れない歯石の掃除 次へ
再度、歯ぐきの検査を行って再評価(歯周病が落ち着いたかどうか検査をして診断) 次へ
虫歯の治療と根の治療
歯列矯正
歯周ポケット内の歯周病の治療
歯を失ってしまった部位の治療 次へ
X線検査
口腔内写真
歯ぐきの検査 次へ
状態の説明と健康を維持していく為のメンテナンスについての説明。
インプラントドック 6か月ごと
PMTC お口の中の状態によって期間が決まります
PTC

2014年1月30日 « トップへ » 2017年9月20日


PAGE TOP