トップへ » 当院のオススメ治療メニュー » 矯正治療 » 当院の主な矯正メニュー

当院の主な矯正メニュー

当院では患者さまのご要望に合わせて、矯正担当医がさまざまな矯正法をご提案しています。しかし、どのような矯正の方法でも人工的な装置を口の中に取り付けて歯に負担をかけることになるので、むし歯や歯周病にかかりやすいという欠点があります。そのため、矯正治療中は患者様ご自身の歯ブラシによるセルフケアだけでなく、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアも必要となります。

表側矯正矯正治療
当院の表側装置は、見た目に配慮したセラミックブラケットを使用しております。痛みを軽減し、治療期間を短縮する低摩擦のセルフライゲーションタイプです。
ワイヤーも見た目を配慮したロジウムコーティングのホワイトワイヤーを使用しております。

裏側矯正矯正治療
当院では、「目立たない」ではなく、「見えない」を求める患者様のためにリンガル矯正(裏側装置)もご用意しております。表側同様、痛みを軽減し、治療期間を短縮する低摩擦のセルフライゲーションタイプです。
違和感や発音に慣れが必要ですが、見た目を重視する患者様には最もおすすめの治療法です。

矯正用アンカースクリュー矯正治療
生体親和性の高いチタン合金製のアンカースクリュー(ミニインプラント)を歯茎から顎の骨に埋め込み、歯の移動の固定源とする治療法です。
従来の治療法では不可能だった歯の移動が可能となり、治療期間の短縮も見込めます。
治療上不要になれば速やかに安全に撤去可能です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置
(インビザライン®薬機法対象外)
矯正治療
透明なマウスピースを使って矯正する方法です。マウスピースは取り外しが自由なので、「食事時に外せば違和感なく食べられる」「透明なので付けていても目立たない」といった利点があります。

当院が使用するマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)は、日本国内の医薬品医療機器法(薬機法)における医療機器および歯科技工士法上の矯正装置に該当しません。薬機法の認証、承認を得ていない装置であるため、担当矯正医の全責任において治療が行われます。また、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

 


トップへ » 当院のオススメ治療メニュー » 矯正治療 » 当院の主な矯正メニュー


PAGE TOP