2022年8月 « トップへ » 2024年2月

2023年5月29日

インプラント周囲炎の予防方法3選

【インプラント周囲炎の予防方法3選】
インプラント周囲炎は、歯周病菌が原因でインプラント周囲組織に炎症が起こる疾患になります。
初期症状が歯周病と似ており、自覚症状が現れにくいのが特徴ですが、歯周病と比べて悪化するスピードが約10~20倍の速さで進行していきます!
また、最初の内は痛みや出血が起こりますが、重症化するとインプラントが露出し抜け落ちてしまうでしょう。

しかし、このインプラント周囲炎は下記の方法で予防することができます!

①【適切な歯磨きを実施する】
歯垢(プラーク)はインプラント周囲炎の原因となるため、適切な歯磨きを実施しましょう!
お勧めの磨き方は
歯ブラシはペンを持つ時と同じように持ち、歯磨き粉は歯ブラシ全体の2分の1ほどつけて、優しくこするように磨くと良いでしょう!

②【歯医者さんへメンテナンスに行く】
セルフケアのみで歯の汚れを全て落としきるのは不可能に近いです。
そのため、インプラント治療後は3ヶ月~半年に一度、歯医者さんへメンテナンスに行き、 
セルフケアでは取り切れない細かな汚れをしっかり落としてもらいましょう!

③【禁煙する】
唾液には自浄作用がありますが、タバコは血流を悪くさせ、唾液の分泌量を低下させます。
結果、口腔内に細菌が繁殖しやすい環境が作られ、インプラント周囲炎のリスクが高くなります。
喫煙者の方は禁煙外来を受診するなど、タバコを吸わないようにしましょう。

この方法を実施して、
インプラント周囲炎を予防しましょう!

目次へ戻る


2022年8月 « トップへ » 2024年2月


PAGE TOP