トップへ » 当院のオススメ治療メニュー » 矯正治療 » 当院の主な矯正メニュー

当院の主な矯正メニュー

当院では患者さまのご要望に合わせて、専門医がさまざまな矯正法をご提案しています。しかし、どのような矯正の方法でも人工的な装置を口の中に取り付けて歯に負担をかけることになるので、むし歯や歯周病にかかりやすいという欠点があります。そのため、矯正治療中は正しい歯磨きなどのセルフケアが欠かせません。

表側矯正矯正治療
一般的に矯正治療といった場合、ワイヤーによる表側矯正を思い描く人が多いでしょう。歯の表面にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていきます。

金属製のブラケットが見えるため、あまり見た目はよくありません。ブラケットには透明プラスチックやセラミック製もありますが、いずれにしろワイヤーは見えてしまいます。

裏側矯正矯正治療
ブラケットやワイヤーといったパーツを、歯の舌側につけて矯正します。矯正していることがほとんどわからないので見た目は気になりませんが、患者さまの違和感は強く、表側矯正より治療期間が長めとなる傾向があります。

矯正用ミニインプラント矯正治療
小さなインプラントを歯肉に埋め込み、それを固定点として歯を動かします。確実に矯正ができ、期間もわりと短くて済みます。矯正が終わったあとは、インプラントを除去します。

インビザライン矯正治療
透明なマウスピースを使って矯正する方法です。マウスピースは取り外しが自由なので、「食事時に外せば違和感なく食べられる」「透明なので付けていても目立たない」といった利点があります。ただ、歯の動きに合わせて2週間ごとにマウスピースを新しくしなければなりません。

 


トップへ » 当院のオススメ治療メニュー » 矯正治療 » 当院の主な矯正メニュー


PAGE TOP