トップへ » 治療について » 歯周病治療

歯周病治療

成人の8割がかかっていると言われる歯周病。早めに発見して初期のうちに治療することが大切です。

歯周病治療

●歯を磨いているときに、歯ぐきから血が出たことはありませんか?

これが初期の歯周病のサインです。歯周病が進行すると歯肉が後退して歯と歯の間に隙間ができたり、歯根を支える骨が壊れて歯が抜けてしまったりという恐れがあります。しかし、初期のうちにしっかりと治療すれば、歯周病の進行を最少に抑えることができます。

専門医がレベルの高い治療も可能
当院には日本歯周病学会から認定を受けた専門医が在籍。たとえ初期の歯周病であっても、高度な知識と技術に裏打ちされた治療を行い、確実に治すことを目標としています。

重度の歯周病には外科的に対応

歯周病歯周病治療の基本は、原因となっている歯垢や歯石の除去。しかし歯周病が進行してしまうと、歯肉の切除、歯周組織の再生といった外科的治療が必要となります。当院では、そのような高度な技術にも対応しています。

歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を麻酔下で切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術で、短時間に行うことができます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯肉に麻酔をし、歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

フラップ法(Fop)
歯肉に麻酔をし、切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根の歯垢や歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を元の状態に戻します。

【エムドゲイン®】壊れた組織を再生させる治療

エムドゲイン以前は、歯周病で破壊されてしまった組織を再生させることは非常に困難でした。今ではエムドゲインというたんぱく質を基にした組織再生誘導材ができたため、歯を支える骨を再生させることも可能になりました。歯周病による歯のぐらつきの改善が期待できます。

歯周病の進行と治療法

軽度歯周病歯周病の進行と治療法
歯と歯肉の間についた歯垢・歯石に細菌が繁殖して、歯肉に炎症が起き、歯が腫れたり出血している状態です。まだ痛みなどの自覚症状はほとんどありません。
この段階ならば、1~2回の専門的なクリーニングを受けることと効果的なブラッシングを行うことで治癒します。

中等度歯周病歯周病の進行と治療法
出血・口臭がひどくなり、歯石も目立つ状態です。歯周ポケットも深くなり、少しずつ骨が減っていき、歯がガタガタしはじめます。
この段階では、丁寧な歯垢の除去、痛みのある場合は麻酔をしてスケーリングなどの施術が必要になります。歯周病の進行度によっては外科的治療が必要です。

重度歯周病歯周病の進行と治療法
歯周病がさらに悪化し、歯肉が化膿して赤く腫れあがります。歯を支える骨もかなり減ってしまった状態のため、歯のぐらつきもかなり大きくなります。
こうなると外科的治療が必要になります。歯周病の進行度によっては、抜歯となるケースもあります。


トップへ » 治療について » 歯周病治療


PAGE TOP