トップへ » 治療について » 小児歯科

小児歯科

初めての歯医者さんの印象は、一生を左右するほどの大問題。コミュニケーションをしっかりとって、納得して治療を受けることが大切です。

小児歯科

●もし、生まれて初めて訪れた歯医者さんが、何の説明もなくガリガリと歯を削るだけの怖い先生だったら?

そのお子さまは「歯医者は怖くて痛いもの」という苦手な印象を、ずっと抱き続けてしまいます。歯科治療に苦手意識があると、痛くてもつい我慢してしまいがち。初期治療で済むはずが、重症になってしまうこともあり得ます。

お子さまに安心して治療を受けてもらうために
歯科治療が苦手というお子さまは、場の雰囲気や匂い、治療時の音を聞いただけでも拒否反応を起こしてしまいがちです。まずは歯科医院の雰囲気に慣れてもらうことからはじめましょう。じっくりと時間をかけたコミュニケーションで緊張を解きほぐし、場合によっては保護者の方に治療室内に入っていただき、お子さまが安心して治療を受けられる環境を作っていきます。

時間をかけてもきっちりと治療する
お子さまが泣いても、途中で治療を投げ出すようなことはありません。ときには優しく、ときには厳しく治療に当たり、お子さま自身にも歯科治療の大切さ、健康な歯の素晴らしさをわかってもらうこと。それが一番大切だと当院では考えています。

お子さまの予防治療について

「むし歯になったから歯医者に行く」ではなく「むし歯にならないように歯医者に行く」。健康な歯の状態を保つためには、毎日のセルフケアが欠かせません。自分でケアできるように、お子さまには正しい歯磨きのしかたを指導しています。

小児歯科乳歯は、永久歯に比べて歯の表面のエナメル質が薄いので、気をつけていなければすぐにむし歯になってしまいます。むし歯の予防に一番重要なのは、歯の隙間に溜まった汚れをとるクリーニング。定期的に検診を受けて、歯がきちんと磨けているのかのチェックとクリーニングを行いましょう。定期的に行うことで、お子さまの歯に対する関心も深まります。

生え替わり時期のむし歯に注意
乳歯がむし歯になっていると、永久歯がうまく育たなかったり、正しい位置に生えてこなかったりすることがあります。お子さまにとっては、一生の歯列を作る大事な時期。乳歯が永久歯に生え替わる時期は、特にトラブルがなくてもこまめに検診を受けるようにしましょう。

お子様の歯並び
子どもの頃に噛み合わせや歯並びが悪いと、むし歯や歯周病、顎関節症などになるリスクが高まります。当院では矯正専門医による無料相談も承っております。

小児矯正についてはこちら


トップへ » 治療について » 小児歯科


PAGE TOP