トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 当院の入れ歯メニュー

当院の入れ歯メニュー

金属床入れ歯治療
入れ歯の中でも歯肉の色になっている部分は、通常プラスチックで作られています。金属床は、そのプラスチックのうち、上あごや舌に触れる部分をチタンなどの金属製にしたもの。プラスチックよりも丈夫で、薄いため違和感が少なくなります。

<金属床のメリット>
・丈夫なため壊れにくい
・プラスチックよりも薄く、違和感が少ない
・金属製なので、食べ物の温度が伝わりやすい

<金属床のデメリット>
・調整がしにくく、壊れたときにも修理しにくい
・金属アレルギーが起こることがある
・自由診療となるので比較的高価である

ノンクラスプデンチャー入れ歯治療
金属を使っていない入れ歯で、柔らかい素材でできています。柔らかいので付けていても違和感が少なく、素材の色自体が歯ぐきと同じピンク色なので目立ちにくいです。ただ、すべての入れ歯がノンクラスプデンプチャーで作れるわけではありません。

<ノンクラスプデンチャーのメリット>
・柔らかいので、装着時の違和感が少ない
・金属を使わないので見た目にも目立たない

<ノンクラスプデンチャーのデメリット>
・作れる症例が限られている
・自由診療となるので比較的高価である


トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 当院の入れ歯メニュー


PAGE TOP