トップへ » 当院のオススメ治療メニュー » 矯正治療

小児矯正から成人矯正まで、最適な矯正治療を提案します

矯正治療は見た目を美しくするだけでなく、日常生活の質も向上させることができます。

矯正治療

矯正治療の目的は、見た目の歯並びを美しくするだけではありません。歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなるので、固いものが食べづらいなど、きちんとよく噛んで食事をすることが困難だったり、美味しく食事ができなかったりします。

また、歯の隙間から息が漏れるので、発音や滑舌が悪くなるといった問題が起こってきます。そういった問題を解決するのも矯正治療の目的のひとつです。

矯正治療をしなかったら
歯並びが悪いと歯磨きがしづらいので、歯垢や歯石がつきやすく、むし歯や歯周病になる危険が増えてしまいます。また、食べ物をよく噛まずに飲み込むクセがつきやすいので、満腹感を得るまでつい食べ過ぎてしまい、結果的に肥満になってしまうこともあります。

患者さまのご希望に合った矯正治療
矯正治療にはさまざまな方法があります。できるだけ早く治したい、矯正をしていることがわからないようにしたいなど、患者さまのご希望やライフスタイルにあった矯正治療を、日本矯正歯科学会認定医の矯正担当医が提案します。無料相談も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

当院の主な矯正メニュー

当院では患者さまのご要望に合わせて、矯正担当医がさまざまな矯正法をご提案しています。しかし、どのような矯正の方法でも人工的な装置を口の中に取り付けて歯に負担をかけることになるので、むし歯や歯周病にかかりやすいという欠点があります。そのため、矯正治療中は患者様ご自身の歯ブラシによるセルフケアだけでなく、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアも必要となります。

表側矯正矯正治療
当院の表側装置は、見た目に配慮したセラミックブラケットを使用しております。痛みを軽減し、治療期間を短縮する低摩擦のセルフライゲーションタイプです。
ワイヤーも見た目を配慮したロジウムコーティングのホワイトワイヤーを使用しております。

裏側矯正矯正治療
当院では、「目立たない」ではなく、「見えない」を求める患者様のためにリンガル矯正(裏側装置)もご用意しております。表側同様、痛みを軽減し、治療期間を短縮する低摩擦のセルフライゲーションタイプです。
違和感や発音に慣れが必要ですが、見た目を重視する患者様には最もおすすめの治療法です。

矯正用アンカースクリュー矯正治療
生体親和性の高いチタン合金製のアンカースクリュー(ミニインプラント)を歯茎から顎の骨に埋め込み、歯の移動の固定源とする治療法です。
従来の治療法では不可能だった歯の移動が可能となり、治療期間の短縮も見込めます。
治療上不要になれば速やかに安全に撤去可能です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置
(インビザライン®薬機法対象外)
矯正治療
透明なマウスピースを使って矯正する方法です。マウスピースは取り外しが自由なので、「食事時に外せば違和感なく食べられる」「透明なので付けていても目立たない」といった利点があります。

当院が使用するマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)は、日本国内の医薬品医療機器法(薬機法)における医療機器および歯科技工士法上の矯正装置に該当しません。薬機法の認証、承認を得ていない装置であるため、担当矯正医の全責任において治療が行われます。また、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

 

小児矯正

成長期のお子さまの場合、歯並びが悪いとあごの成長まで遅くなってしまうという大きな問題があります。小児矯正は、永久歯に生え替わる時期からできます。なるべく早く治療を始めて、お子様が健康に成長できるように心がけたいものです。

矯正治療子どもの頃に噛み合わせや歯並びが悪いと、むし歯や歯周病、顎関節症などになるリスクが高まります。また、心理的な影響を受けることも考えられます。歯並びが良くなると、今まで笑わなかったお子さまがよく笑うようになったというケースもあります。

歯並びが悪くなると...
●歯磨きがしづらいので、むし歯になりやすい
●よく噛めないので、あごの成長が遅れてしまう
●よく噛めないので、肥満になりやすい
●あごに負担がかかるため、顎関節症になりやすい
●息が漏れやすいので、滑舌や発音が悪くなる
●コンプレックスを感じて、何事にも積極的になれない

※当院では日本矯正歯科学会認定医による無料相談を行っています。お気軽にご相談ください。

小児矯正の症例はこちら

矯正治療に使われる技術をご紹介

セファロ分析矯正治療
セファログラムと呼ばれる頭部エックス線規格写真を撮影し、治療計画を立案します。
当院では、矯正診断用ソフトウェアを用いてセファロデータを詳細に分析し、治療後の口元の変化のシュミレーション等も作成し、患者様に最適な治療計画を提案いたします。


半調節性咬合器矯正治療
咬合器とは、模型上で患者様の顎の運動や咬み合わせの様々な位置を再現する事ができる器械です。
当院ではパナデントの半調節性咬合器を用いて、患者様の見た目だけではなく、咬み合せの機能面も考慮した治療計画の立案を心がけております。


トップへ » 当院のオススメ治療メニュー » 矯正治療


PAGE TOP